無糖珈琲

じぇんの脳置き場

産休に入るまでの8日間の働き方

今月は月極の延長保育が取れないので
時休を取って延長料金が発生するギリギリの時間にお迎えに行くことにしました

帰宅してからお風呂に入るまでの時間が前より長くなったので
できることを増やしたいなって思っています

その一つが荷物の受け取り

これまでは帰宅が20時を過ぎていたので
荷物を受けることができなかったのですが
19時から21時までの枠で指定することができるようになりました!!地味に嬉しい!!

もう一つは息子のトイトレ…
3学期になったら保育園が本気を出してくれるはずだったのですが
息子はおしっこしても何も嫌がらないし教えてくれないので
少しずつ意識付けを家で始めてみようかなって思いました

ずっと放置していたオマル…

ちょうど息子もアンパンマンにぞっこんになったので
トイレに移動!
目標は1日1度はトイレに座らせる
です
まだ1回しかしてないけどw

最後は夕食後はトレパンを履かせる

うん、普通に漏れる
そしてそのまま何もなかったかのように過ごしているw

困った君なわけです

これは、夫が早く帰ってきてくれる日じゃないと心が持ちそうもないな…

でもどうやら3月生まれの息子は保育園では来年も半年上のクラスに移るだけみたいなので(1.5歳クラス)そんなに焦ってトイトレさせる気保育園も無さそうだなぁって思い始めたりもしてます

毎日このくらいの時間に帰ってきてくれたらお互い育児と家事のバランスがいい感じになるのになって思いつつ

世帯収入で考えると35歳以上になったときに私も仕事をそれなりに頑張るようにするとなると夫には今のうちにバリバリのポジションを経験してほしい!

って考えたりしていました

息子はいつも21時半くらいに就寝していたのですが
帰宅が早まったことに伴い21時前には就寝

子供らしい生活リズムにさせることができている気がします

私自身生活リズムを作るのに必死ですが
第二子が生まれたらできなくなりそうなことを片っ端からやっていけたらなって思います

第一子の時は産休中に孤独を感じることが多かったのですが
今回はそんなこと一切なくて時間が過ぎるのがとても速いです

この1年間ワーママとして働いてみたものの
色々と考えさせられる毎日でした

私は一生懸命働くことしかしてなくて
みんなにいつ寝てるの??って言われるような仕事の仕方しかしてこなかったので
以前の働き方とのギャップと向き合うことができない1年間でした

でも出した結論は、出産を諦めたくない35歳までは
仕事よりも出産育児を優先したいという自分なりの答えでした

職場的には迷惑なのかもしれないけれど
私だって我慢するから職場だって我慢してほしい
ん?なんかおかしいか

知ったこっちゃないってやつか

とりあえず1年間ワーママお疲れ様私
来年か再来年、また社会人に戻れるように

自己研鑽に励みたいと思います

生涯現役でいたいのだ私は!
休むくらいで後ろめたくなんて感じないさ!