なりたい私になる日まで

じぇんの脳置き場

これからの子育て方針

過保護のカホコスペシャルでやっていて観ていて本当に黒木瞳扮するママが自分の親に重なりすぎてああ私もこういう風になってしまうのかなって危機感を感じずにはいられなかったので自分はどう育児に向き合っていきたいのか、現実とはかけ離れた理想論になってしまうの覚悟で書き留めておきたいなと思います

習い事は親が決めない

小さい頃から色々と習い事はさせてもらっていたけれど唯一良かったなと思ったのは習字くらいで他は特にやりたくもないのにやっていました

それなのに、こんなにお金をかけてあげてるのに!とか言われてしまってすごく不快だったので習い事は子供の意思でやらせてあげようと思います

進学先は原則公立

私は学歴信者ではないので勉強したければ自分で勉強すればいいし敢えてそれにお金を積む必要ないなと自分自身中高一貫校の私立に通わせてもらって体感しているので最終的に子供の意思になるとは思うけれど学歴に拘らずに育てたいなと思います

基本的にリビングで生活

私はご飯を食べたらすぐに部屋に戻って勉強!というような家庭で育ったのですが勉強は家でなくてもできるので、家ではなるべくみんなでリビングで過ごしてみんなで家事を自然にやるような家庭にしたいなと思います

各自の部屋は設けたとしても寝るときくらいしか行かないよって感じが理想です

汚せない服を着せない

私は母が洋服大好きで毎日着ていく洋服を指定されていました

全然流行からかけ離れている服だったしちょっと絵の具をつけようもんならすごい剣幕で叱られる幼少期でした

だから美術や書道の時には必ず汚れていい服にわざわざ着替えさせられていて子供心にげんなりしていました

なので私は子供が洋服を汚しても何も思わないようにしているし

そこでマイナスな感情が湧かないような洋服を着せようと決めています

ファッションに興味持ったら逆に洋服を大切にしてくれるだろうし

親から押さえつけることはしたくないなって思います

家事をする習慣をつけさせる

とにかくこれです

私は一人暮らしをして初めて家事をやったので不慣れのせいか家事への苦手意識が半端なかったです

子供たちにはそうならないように自然と家事を身につけていかせたいなと思います

 

まあこんなこと言ってはいますがどうなることやら

我ながら過干渉な親になりそうで怖いです

過保護のカホコ DVD BOX

過保護のカホコ DVD BOX