無糖珈琲

じぇんの脳置き場

クソばばあ規制条例制定を目指してくれるのはどなたですか…

第二子になれば可哀想ばばあに絡まれることなどないと思っていました

確かに長男と二男二人連れて歩いていると
子育て論を展開してくる時代の残骸には巡り合いません

これは夫と歩いているときも同じことが言えます

どうやらその手のばばあは一人で1歳未満の子供を一人連れて歩いている女をターゲットに活動している模様です

油断しておりました

長男を保育園に送り届け二男を抱っこ紐で抱っこしたまま耳鼻科へ

飲み込むと耳の奥が痛みます
この痛みは記憶に新しく中耳炎なんだろうなあと思い耳鼻科を受診することにしました

痛みには抗うことなく薬で鎮静化する主義です

待合室は混みあっていました
初診だからオンライン予約が使えず仕方ないやと番号札をもらいます

15番目

この時5番目までが診察終了

あと10人か

二男もつかな??

と心配していたのも束の間

抱っこ紐の中で寝ていた二男が起きて泣き始めました

幸いオムツ台がある病院だったのでオムツを交換!!!

3分間だけ泣き止みました

うん、短い!!!

第一子の時は泣いたらすぐ おむつ? おっぱい?? と言われたものですが
私はそのどちらでもないということを知っている

誰もいないキッズスペースの奥で
着ていたパーカーを脱いで目隠しにして緊急授乳!!!

その間、待合室にいたばばあがママに絡んでいる声が聞こえていました

あらまあ、泣かないで偉い子ね
こういうところで泣いちゃうとお母さんこまっちゃうもんね
男の子?あ、女の子なのね。美人になるわよ、そんな顔してる。
愛想がいいわね。女の子はね愛想が無かったらどうにもならないからね
あら、こんなに厚着して暑くないの??
お母さんマスクしてるけど子供いるのに風邪?あ、この子が風邪なのか
そうよね、子供いるのに風邪ひいてられないわよね

以下、略

ちっちゃい子が来たので待合室に戻ったの私と入れ違いで絡まれてたママ様が診察室へ

悪い予感しかしないぜ

二男、泣いてるぜ

入り口付近の掲示板を見て二男をあやしていると私の予想通り矛先は私に向いていました

あの大きさの赤ちゃんはまだ横抱きしなきゃダメよー
縦抱き苦しくて泣いちゃってるのよー
可哀想に
(中学生くらいの娘さんを連れた女性に向かって)ねえ、そう思わない?
横抱きにしなさいって言ってあげたいんだけれど聞こうとしてくれないのよー

私はこういうときは日本語がわからないという設定でシカトを貫くと決めています

窓外に選挙カーが通り過ぎていきました

「子育てしやすい社会を~~~」


笑わせんなwってタイミング

少子高齢化って解決するの難しいといわれているじゃないですか

減らすわけにはいかないから増やせ って

でも現実は減らすわけにはいかない人は言いたいことを言えて
増やす人は増やせないこんな社会じゃって嘆いている

じゃあ誰がどう変えるの?

って思ってポスターを隅から隅まで見てみたけれど(はい、つまり暇です)

育児中の人に古い固定観念を無責任に押し付けない

とかそういう所謂クソばばあを規制するような条例作るとかないのかしら?

って思ったんですけれどそんな脳内パンクスな人はいないみたいですね

私のほうがおかしいみたいです

今日もこの町で生きていくには日本語わからない外国人装うのが一番心に負担がかからなさそう…

そう思ったのでした

あ、結局耳は中耳炎ではなく過剰な耳掃除による外耳炎でした
そんなに耳掃除しなくてもきれいだよって耳の中をカメラで見せてくれました

好きなんだもん 

高校の時 マイケル って私だけが呼んでいた美人なお友達がいたのだけれど(今は音信不通 元気かな?)
その子も耳掃除が好きすぎて耳にカビが生えたって言っていたのを思い出しました

さすがに耳にカビ生えたらやばいのでやめておきます

そんな感じ 薬ももらえたので元気です