なりたい私になる日まで

じぇんの脳置き場

最近の読書の記録

また読書習慣が崩れつつありますが2冊読み終わりました

自分よりも大切な人を守りたいと強く願うとき
どうして人間は少しの亀裂にも気が付けないのだろう
大切に思うが故のことなのにという思いがどうしても視野を狭めてしまう

時間が経過すれば拘っていたことなど大したことでないということが
明白なのに必死な時は自分のことを一番理解することができていないんだなということをあらためて感じた
金原ひとみさんの作品は蛇にピアス以来
蛇にピアスは本当に好きで一体何度よんだのだろうというレベル

物語を登場人物の一人称を変えて章立てするの今流行っているのかな?100%感情移入をして読書するタイプの私にとっては読みにくくて仕方ないです
読み終わった時に大混乱で感想がうまく纏められませんでした