読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己採点はいつも百点

今日のことを明日も覚えているための日記

既婚者として新たに揃えたもの

My Belongings

「もう、あなたは嫁いだんだから」
と母に言われることが多くなりました。

確かにこれまで未婚者だった頃は
全く気にもしていなかったことにも
世の中には「常識」「礼儀」とされていることが
多くあることがわかりました。

こんなにも長い間
教育を受けてきたはずなのに、
今更新たにしかも教科書なしで
知識を身に着けておく必要性があったと
気が付かせられるだなんて、
なんか厭らしい社会ですよね。

でもそれが社会というものなのでしょうか。

私は年始に法事があったので、
その機会にいくつか物を揃えました。

数珠


旦那の家の宗派に合わせて新調しました。
2つセットで購入したので、
1つはこれから産まれてくる子供の分にしたいと思います。

礼服用ハンドバッグ&トートバッグ



冠婚葬祭フォーマルに使用できる
黒いハンドバッグを母がそろえてくれました。
出産を終えたら礼服をそろえたいなと思います。
旦那分の礼服は、義父のものを譲ってもらえるようなので、
今度北海道に帰省した際は、持って帰ってこようと思います。
男性の場合、礼服はネクタイの色と小物で調整ができるのですね。
上司が「子供が生まれたときに揃えたよ」って言っていたので、
一つのけじめとして手元に置いておきたいなと思います。

金封ふくさ


こちらは慶弔用でそれぞれ1つずつ揃えました。
慶用のものは義母が結婚祝いを包んでくれました。
最近はのし袋をふくさとして使用できるものが増えてきたようです。
弔用のものは母が用意してくれました。

風呂敷


ピンク色の風呂敷が母にはもう派手だから
ということで引き継ぎました。
お土産を持っていくときとかに使いたいと思います。
品格のある女性でありたいと思っているので、
大切にしていきたいと思います。

そんな感じです。こういうのって家庭科とかで習っていたのかなぁ。
もう少し真面目に学生やるべきだったかもと反省です。

広告を非表示にする