読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

To Live is To Think

今日のことを明日も覚えているための日記

妊婦が考える女性が働く社会

朝1回目アラームが鳴りました。
ヨガをお休みしてからどんどん悪くなる寝起き。
それでもお弁当作らなきゃとか、
朝ごはん作らなきゃと思えば起き上がれるのですが、
今日はどうしても起きることが出来ず、
布団の中で15分ごとにアラームを3回聞き流しました。
今日は旦那がお休みの日で
私がお仕事の日です。

なんて他人本位な生活を私は送っているのだろうとため息が逃げていきました。

数分後には、燃えるごみの収集車が来てしまう!
と気付いてからは急にスイッチが入りました。

ゴミをかき集め、集積所へ。

帰ってくると旦那が起きてました。

この時点で45分のビハインドを背負っていたので、朝ごはんを諦め、メイクを始めました。

キッチンでは旦那が朝ごはんの支度をしてくれました。

あ、それ私の担当なのにゴメンね

と言いそうになった自分はミクリさんのようでした。
でも、ヒラマサさんだって、今日はゴミ捨てをサボりました。

でも頼むまでもなく、
ゴミは捨てられ、朝ごはんを2人で美味しく食べました。

共働き体質がちゃんと出来てる気がしました。

仕事を辞めれば、
相手が仕事を行くことが当たり前に思ってしまうでしょう。
家事を相手に全部任せれば
家事をしてもらうことが当たり前に思ってしまうでしょう。

でも、全部が片手間であれば、
お互いの思いやりがうまく機能した時にだけ
うまいバランスで過ごせると思います。

だからきっと私は働くことを辞めません。

私の父のように仕事か遊びかの2つしか選択肢がない、所謂専業主婦を嫁に持つ人種というのは今後滅びるのではないかなと思います。

期待が高まる女性労働力~活用から活躍に向けての課題~ | 調査と展望 | 分析レポート | 経済レポート | シンクタンクレポート | 三菱UFJリサーチ&コンサルティング
女性も労働力なのだ!ってヤツです。

私はバリバリのし上がるタイプじゃないのですが、
社会の一員であり続けたいなぁと思うんです。
そのためには、職場の制度や雰囲気、区の保育制度の充実が不可欠です。

なるべく母親業もサボりたくないなぁと思うので
適度に頑張っていきたいなぁと思います。

あと95日!!!どんなワーママスタイルを選ぼうかなぁ。