読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己採点はいつも百点

今日のことを明日も覚えているための日記

人生初 喪中はがきを出した話

今年は義父が亡くなったため、喪中なのですが、
まず、年賀はがきも母親にデザインだけを言いつけて
全部準備してもらってたのですが
今年はそうもいかない><
しかも、まだ結婚した事実をお知らせしていない人で
いつも年賀状をやりとりしている職場の先輩もいるので、
どうしようとしどろもどろしながら
無事、喪中はがきを出し終わりました!

旦那には年賀状を出す文化が無いとのことなので、
来年から私が出そうと思います。

無難に郵便局の印刷サービスを利用

print.shop.post.japanpost.jp
喪中はがきを出す時期は、どうやら
「みんなが年賀ハガキを用意するであろう時期の少し前」
とのことだったので、十一月の最終週くらいに届くように
注文して、(確か割引もきいていた気がする)
12月に入ってから出しました。
定型文もとてもしっかりしているし、
ほかのネット注文とさして値段も変わらないし、
ほかのサービスはほとんどが切手別売だったんですよね。
なので、結論
喪中はがきの印刷は郵便局が一番楽
ということに。
どうやら喪中には〇〇年〇月と書くみたいだったので、
12月にしました。
実際12月になってから11月と書かれたハガキを受け取りましたが、
なんだか出し遅れた感があって、12月にして正解だったなって思いました。

レターセット購入

入籍してから案外、手紙を書く機会が増えました。
義母や母、祖母に出すことが多いです。
私は文字を書くことが大好きなので
メールで返せばいいところも可能な限り手紙を書くようにしています。
最近、家に桜柄の便箋しかないことに気が付き、
一筆箋を購入しました。

桐箱入りの和紙というところかお気に入りポイント。
これから和紙の便箋コレクターになってしまいそう。

12月のタスクリスト達成状況

達成したこと
2.無印良品でお椀を買う
5.レターセットを購入する
9.喪中はがきを出す
15.トースターを買う
19.無印良品でトイレモップを買い替える
21.旦那にクリスマスプレゼントを買う
29.無印良品でハンディモップを購入する
69.湯島のオススメ居酒屋更新する

広告を非表示にする