読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己採点はいつも百点

今日のことを明日も覚えているための日記

仙台のビジネスホテルに閉じ込められた件

TRIP

先日、同期が仙台で挙式したので
参加するために仙台まで行ってきた。
仙台はね、非常に寒かったよ。
しかも雨だった。
どんだけ日頃の行いが悪いんだw

新郎側の出席はもう手慣れたもの。
結婚式ラッシュは2年前くらいに過ぎたので、
久しぶりの出席。
今回の新郎は同期でもかなり仲が良かったので、
これまでの行きたくない病はおのずと封印。

ワンピースは妊婦服だったので、
髪の毛を盛っていきました。

素面だし、幸せそうな姿を見れたので
私は披露宴後退散。

そこまでは計画通りだったの。
私は旦那同伴で仙台に来ていたので
赤い風船で新幹線とホテルのパッケージを予約。

それなのに同期から

じぇん、私と同室だよ^^

というLINEが届き固まる。

え、ホテルお願いしてないよ、私…

と言いながら、ホテルに戻って
ベッドにダイブ。
外で一服した旦那が部屋のドアを開けようとしたとき
事件が起きた。

ドアが開かない

私が二重ロックをかけたと勘違いした旦那から

開けてよーーーー!

とLINEが。

開いてるよーーー??


長い夜が始まった。

とりあえず、フロントに電話。
ホテルの人も、とりあえず行きますと
簡単に開くだろう的な反応。
誰もこの時点でドアを破壊することなんて予想もしていない。


私はホテルの部屋内に閉じ込められていたので、
マミーにTELしたりして遊んでいました。

その声はドアの外の人たちにも聞こえていたみたいで、

なんか笑っていますね( ^ω^)・・・

と能天気丸出し。お恥ずかしい。


ホテルの人の業者の呼び方が悪すぎたのか、
複数の業者がブッキングし、部屋内の私にも伝わるほどの暗雲が立ち込めている。
結局、そのうちの1つの業者とは、
出張費支払わなくていいからブラックリストに載せます
的な結果に落ち着いたらしく。
なんだか申し訳ない気持ち。


結局ドアを破壊することに。
なんてこった!


ドアが開かなくなってから約2時間後、ようやく出れました。
私としては、部屋でくつろいでいたところ、
ようやく旦那が帰ってきたぐらいの衝撃だったのですが、
ドアと2時間格闘していたフロントの人と旦那にとっては
長い戦いだったらしく、

大丈夫ーーー???

とやたら心配してくれました。
なんだか炭鉱から1週間ぶりに出てきた気分になった。
f:id:jnyoga:20161120185512j:plain

う、うん。(それよりさっさと風呂入って寝たい、今23時だよ?)

あの小学校の時のパラシュートみたいなことやらされなくて本当に良かったw


かなりきまづい。
それより寝たい早く。

あいにくその日は残りの部屋が空いていなかったので、
系列店に移ることに。
一番高い部屋を取りましたとのことで、
なんと4人部屋を抑えてくださいました。
得意げなホテルのマネージャーに

いやいや、2人なのに4人部屋でどうしろっていうんですか?

と呆れる旦那。



エクストラベッド久々に見た。

ってことで、結局2次会に出て帰ったのと同じくらいの時間に就寝しました。
こんなこと、本当にありえるの?が起こってしまう私の旅。
もう少し次はリラックスしたいな。
私はこういう局面ですぐ相手を許してしまうので、旦那同伴で助かった!
新郎が勝手に取ってくれたホテル代、どうなったのか心配だな。

広告を非表示にする