読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己採点はいつも百点

今日のことを明日も覚えているための日記

第1回 結婚式打ち合わせ

about my couple

先日無事結婚式の会場を予約できたので、
(行った瞬間に契約)
打ち合わせ第1回に行ってまいりました。

宿題の提出

最も私たちを苦しめたのは
出席者リストの作成でした。
我が家の場合、約20年ぶりくらいに会うような親戚にも
マミーがガンガン声掛けをしてくれたおかげで、
過半数を親戚が占めるという驚愕の事態が発生。
顔認識できるかどうかが若干心配です。

対するストック側は、じっくりと自分で声掛け先を選んでいました。
結果ぎりぎりまで時間がかかってしまいました。

でも、無事に招待状を発注できてよかった!


以来無駄に筆ペンで招待客の名前を書いています。

ドレスの選定

ウエディングドレスは着用した1着目ですでに決定していたのですが、
カラードレスが全く同じ形の色違いしかお気に入りが見つからなかったため、
ウエディングドレスを選びなおしました。
私は挙式時妊娠8か月であるので、
必然的にドレスがAラインかエンパイアに絞られます。
カラードレスはどうしても濃い色味がよかったので、
私の我の強さを1回目にして読み取ってくれたコーディネーターさんが
ウエディングドレスのエンパイアラインをたくさん用意してくれていました。
これっていう1着を選んだのだけれど、
今回はマミーの意向を尊重しだっさいドレスも試着しました。
マミーはそっちにしろというのですが、
それにする価値はないかなと思うので、妥協をしてもらいます。
親のために挙げるような式だけれど、
少しは妥協することも覚えてほしいな。

次回までの宿題

次回までに席次や引き出物を決めておかなければなりません。
特に引き出物はこれでもかってくらいのカタログを渡されました。
一応家まで持って帰って来たけれど
半分以上捨てました。
引き出物、引菓子、鰹節がどうやら定番なんだということがよくわかりました。
引き出物がまだカタログにするか、選ぶかは迷っていて、
引き菓子はデニッシュにしたいなって思っていて、
鰹節はもらって困ることのほうが多かったから、お茶漬けにしたいなって思ってたりして
ボンボンカタログを捨てています。

そんな感じ。
結婚式ってすごい宿題事項が多いんだね。
これからBGMとか映像とか作るんだけれど、
これまたいちいち著作権法の申請をしなければならないとかで
無駄に制約があってストレスたまるけれど、
頑張るよ。

広告を非表示にする