読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

To Live is To Think

今日のことを明日も覚えているための日記

福島の芦ノ牧温泉へ旅行に行ってきました!

お盆はどこも混んでいて嫌ですね。

それでも実家が東京の私たちにとっては、どこかに旅行に行きたい欲を抑えられず...

愛車のTANTOをかっ飛ばして、福島県芦ノ牧温泉へ行ってきました!

行きは大して渋滞もなく、3時間半くらいで着いてしまいました。

遠足には程よい距離。

大内宿で遊ぶ

jnyoga.hateblo.jp

 ここは、本当におすすめです!

宿泊は大川荘

でーん!

f:id:jnyoga:20160814124943j:image

とした生三味線でお出迎えをしてくれました。

玄関はとーーーってもきれい。

お部屋からの眺めも最高だったし、とてもきれいでした。

f:id:jnyoga:20160814125007j:image

ストック男が食いつきそうな日本酒のディスプレイもちらり。

ただ、夕食のバイキングの定員さんがちょっと居酒屋気味の掛け声すぎて雰囲気をぶち壊していたのが残念でした。

肝心なお風呂は2つの露天風呂があって、地下2階の空中露天風呂は、洗い場がないタイプだったので、朝風呂に利用しました。

たな田というもう一つのお風呂は、その名のとおり、棚田のように露天風呂が設置されていて、とても気持ちが良かったです。

お湯の温度も熱すぎず、冷たすぎず。ずーっといつまでも入っていられそうな温度でした。

裏磐梯へドライブ

f:id:jnyoga:20160814124756j:image

ブラタモリの熱烈視聴者である母が、懇願したため、

チェックアウト後、裏磐梯まで足を延ばしました。

service-news.tokyo

どうしてもこの地滑りを写真に収めたかった模様。。。

満足していて運転のし甲斐がありました。

昼食は喜多方ラーメン

f:id:jnyoga:20160814124623j:image

f:id:jnyoga:20160814124629j:image

日本三大ラーメンということで、並んできましたよ。

老麺会というチラシがホテルに置いてあって、特に味の特徴とかは書いていないのだけれど、脂が苦手なので一番汁が透き通っていた食堂なまえさんにお邪魔しました。

40分ほど炎天下の中並び、15分ほど冷房の効いた店内で熱覚ましの如く放置され、5分ほどで平らげました。

すごいのは、このくらいの行列ができている店舗がいくつもあること。

人気なんですね。

肝心なお味は、縮れ麺が特徴でさっぱりしていました。

私は博多ラーメン大好き人間なので柔らかい麺はどうも苦手。少し残しましたが、

あっという間に母と姉により食べられてしまいました。

レトロなカフェへ

f:id:jnyoga:20160814124714j:image

 お口直しにくらという明治時代に建てられた喫茶店に行きました。レトロな喫茶店て入りにくいけど、必要だよね。東京にももっと増えて欲しいな。

 

そんな感じの夏休みでした。

まだまだ楽しみたい!